ワンコと旦那と私の日々。


by mocchi_mochi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

奥飛騨で「もずも」に泊まる

白川郷を後にした私たちは、高山市内を通って
奥飛騨へ・・・。

奥飛騨は高山から車で1時間ほどのところなのですが
山を登るほどに、どんどん真っ白に・・・。

雪深い奥飛騨で泊まったのが「もずも」

最近大好きな
客室数が少なく
露天風呂付の宿です。

本当はここに二泊したかったのですが、
さすがに白川郷などへのアクセスがよくなく。
泣く泣く1泊だけに。。。。

e0015006_23561638.jpg


チェックインなどは、飛騨家具でシンプルにまとめられたロビーで。

傍らには、小さな置物が、品良く並んでいました。

e0015006_01047.jpg


ロビーや渡り廊下、お部屋からは4千坪のお庭を一望できるのですが・・・・
冬だけに、お庭は真っ白。
軒先には、大きいなつららがぶらさがっていました。

e0015006_23575120.jpg


この廊下をまっすぐ行くと共同の露天風呂なのですが、
さすがに氷点下の中、露天風呂に入る勇気がなく・・・断念!

e0015006_23584854.jpg


お部屋は、琉球畳が敷き詰められたリビングと、ベットルームの二部屋。
このほかにトイレとお風呂場、洗面所があります。

e0015006_00415.jpg


ちなみに、お風呂は半露天風呂。
窓がついているので、さむーいこの季節は、窓ごしにお庭を眺めながら
お風呂に入ることが出来ます。

e0015006_031182.jpg


とはいえ、寒さで凍りついた窓を閉めるのは一苦労!
お湯で少しずつ溶かしながら閉めました・・・。



「もずも」は食事がいい!
と、事前にブログなどでみていたのですが。。。。
本当にすばらしかった!

e0015006_034458.jpg


平野屋さん同様、ここでも飛騨牛を中心とした懐石料理。
残念ながらお品書きがなかったので、何品かわからないのですが、
食べても食べてもでてくる料理!

しかも、最後のほうに、飛騨牛の焼き物やしゃぶしゃぶが出てくるので、
もうおなかいっぱいの私は完食できず・・・。

e0015006_052316.jpg

e0015006_053623.jpg


泣く泣く旦那に半分あげました・・・。

こっちは朝食のメニュー。
高山名物のほうば味噌がついてきます。

e0015006_063929.jpg


「もずも」で残念だったのは、お品書きがなかったのと
食事時にのみたいドリンクのリストが紙で用意されてなかったこと。
それと、コーヒーがなかったことかなー。
(※朝食時にはでてきます)

そのほかは、とってもシンプルに出来ている宿で、
他にお客さんがいないんじゃないかと思うほど静かで
本当にゆっくりできるのですが・・。

(これは賛否が分かれるところだと思うんですが
仲居さんというか、スタッフの方が、
たとえば、チェックインしたら部屋まで荷物を運んでくれて、
部屋についたらお茶をいれてくれ、観光案内をしてくれたりとか
食事もあれこれお世話をしてくれたり・・・とかといったような
過剰なサービスをされないので、
宿についたら自分のペースでゆっくりしたいという方には
サイコーの宿だと思います)

今回はあまりの寒さに、露天風呂が楽しめなかったし、
本当に静かでゆっくりできる宿なので、
また行きたいなーと思いました。
[PR]
by mocchi_mochi | 2008-02-06 00:05 | 旅行