ワンコと旦那と私の日々。


by mocchi_mochi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:結婚準備( 35 )

結婚式のまとめ

会場をきめてから、結婚式まで半年以上準備をしてきたわけですが。

楽しいばかりでなく、大変だった準備期間。
途中、ちょっとした親切心からでたアドバイス(笑)などに、惑わされたり
もうやめてやるー!とか思ったこともあったけど。
なんとかかんとか、無事終えることができました。

結婚式当日は、ものすごくバタバタしてて、本当にあっという間だったんだけど、
楽しかったかも。

私たちは、披露宴中、各テーブルごとにワインサーブ&写真撮影してまわって
全員の人にありがとうといいたいと思っていたんだけど。
それがかえって逆効果で。

一緒に写真を撮りたかった
もう少し話したかった
お酌ができなかった

とかいうご意見もいただきました。

ごもっともです。
テーブルまわるのが結構大変で1時間以上かかり。。。

私たち、ほとんど席にいませんでした!
おかげで、旦那はしらふ状態で式を終えましたのこと。


終わってみて思ったのは。

ゼクシ○とか、2○hに書いてある、披露宴のここがいやとかいう記事に
惑わされすぎると、自分たちのやりたいことは何もできないし、
自分たちの色もでないし。。。自分たちが楽しくないということ。

基本的なこととして、いらしてくれた方に楽しんでもらう、くつろいでもらうと
いうのがあるから、ある程度は参考にしたほうがいいと思うけど
参考にしすぎることもないのかなーと。。。

ゼクシ○に、「ゲストの不満100」とか、よくのってるけど。

あれ、全部つぶしていったら、何やってもだめなんじゃないかって
怖くなって、結婚式やれなくなっちゃうかも。

名前を間違わないとか、ある程度基本的なところは参考にすべきだけど、
プラスアルファの部分は、自分で考えたほうがいいなーと。


そんなことを思いつつ。

式のおわりに。
スタッフの方から、2枚のカードをいただきました。

1枚は、私たちの写真を添えた、サービスの方からのカード。
もう1枚は、式場からのカード。

車寄せから始まって、スタッフ全員の方の感じがとてもいい!と
思っていた「エクセレントコースト」さんですが。
最後まで、とっても感じがよく。

大変気持ちよく、式当日を過ごすことができました。

立地場所が横浜なのであれなんですが。
この辺で式をする方がいれば、おすすめしたいです。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-30 07:08 | 結婚準備

結婚式のお話(7)

結婚式が終わるころには、もうぐったり。。。

ではなく。


ものすごい 豪雨 でした!

どしゃぶりで、きてくれた人に、とっても申し訳なかったです。

来てくださったゲストを送ってから、
私たちは、着替えるために、控え室に。

疲れたし、ちょっとのどを潤してから。。。と思っていたのですが、
父たちの帰りのバスが、予定より早くきてしまったと
いうので、急いで着替えて、お見送り。

それがすむと、今度はまた控え室に戻り、当日清算の分の
お金を払いました。
予定以外の飲み物がでたりすると、当日清算になるわけです。
あと、ここでデザートをいただきました。
食べられないと思っていたので、かなり嬉しかったです。

コーヒーを持ってきてもらって食べたのですが
とっても、おいしかったです。
幸せでした。

でもって。

着替える前に撮った一枚。

e0015006_72971.jpg


結婚指輪です。
真ん中に溝が一本入っているタイプ。
私のは表面にダイヤがついています。
(旦那のは溝のみ)


デザートもたべて、当日清算もし。
豪雨もすごいしで(このころには、雷がなっていた!)
私たちも、そろそろ帰ることにしました。

このころにはもうぐったりだったのですが。

この後は二次会へ。

二次会は、旦那のお友達主催でした。
一度、私のほうのお友達は?と聞かれたのですが、
みんなお家が遠いので参加なしとお伝えして。
向こうのお友達のみで行いました。
(しかし、行ってみたら、「なぜ友達を連れてこない?」と
聞かれる私。。。orz
しょうがないですやん。
つか、あなたたち、全員既婚ですやん。。。)

旦那のサークルのお友達と、学部のお友達と。
2グループあって。そのどちらにも参加したんですが。
小グループのため、当日までお店をきめてなかったらしく。
旦那が電話連絡受けつつ、移動。

雨ふってたし、寒いし疲れたしで、どちらも横浜駅近辺で助かりました。

でもって、二次会も、静岡とか新潟とかの人もいるし
(当日日帰りだった、旦那の友人たち・・・すごい)
23時には全て撤収。
私たちも、帰宅することになりました。

二次会は、旦那のふるーいお話きけておもしろかったけど、

やはり、疲れました。。。

最初の、旦那のサークル仲間の人たちは、私に旦那を紹介してくれた
人がいたり、近くに住んでるので何回か遊んだことのある人とかいて
割合、楽しかったのですが。
学部のほうになってしまうと、ほぼ全員にたいし、「はじめまして」状態だったので
ちょっとつらかったです。。。orz

家に帰るころには、もうぐったりでした。。。orz
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-27 07:25 | 結婚準備

結婚式のお話(6)

こんなに分割して書くことあったんだろうか・・・と、
ちょっと悩みつつ。
今度は、披露宴のお話を。

結婚式が終わって、ちょっと化粧直しをしたら、
今度は披露宴です。

あーでもない、こーでもないといいながら、一生懸命きめた
BGMとか、恥ずかしいのをこらえてやるときめたイベントとか。

そうそう、そのイベントのこと。

各テーブルごとのキャンドルを、サービスの方にBGMにのせて
つけてもらえるイベントがあったんですが、これをやると、抱き合わせで
シルエット入場なるものがついてきてしまうんです。
これ、披露宴会場の入り口付近の壁がすりガラスになっていて
新郎新婦が入場するさい、スポットライトをあてて、影絵みたいにして
室内のお客様に二人の姿をみせるっていうサービスなんだけど。

まあ、当たり前のことですが。
サービスの人にキャンドルサービスはしてもらいたいが、
シルエット入場をするのは、とっても抵抗がありました。
しかし、抱き合わせだし。
他に余興というものが、ブーケプルズしかない私たちは、意を決して
それをチョイスするはめに。。。

後から友達に


「影が映ったとき、うちら爆笑だった」


といわれ。

顔で笑って、心で号泣した私。。。orz

わかってる、わかってるの、おかしいの判ってるんだもん!

。。。言うなや。


と、まあ、いろいろあるわけですが、一番心配だったのは、
お料理がおいしいと思ってもらえるかなーとか、
ゆっくりとお食事してもらえるかなーということでした。

後から機会があるたびに聞いてみたら、概ね好評だったようで
よかったです。
お褒めのお言葉で、実際どうだったのかはおいておいても。
「おいしかった」といってもらえると、やはり、いろいろ時間をかけて
きめてよかったナーと思います。

ところで。

たくさん食べる!

と、宣言していた私ですが。

結局、食べることができなかったのは、言うまでもありません。。。orz


でもって。
いろいろきめたドレスですが。
こんなの着ました。

白がこれで。
e0015006_7205573.jpg


色ドレスがこれ。
e0015006_721590.jpg


(※写真はどちらも、試着時のものなので、ドレスサロンで写したものです)

白ドレスを2着きようと思っていた私に、色ドレスもいいぞと思わせた
いわゆる、「運命の一着」(笑)

茶なんだけど、光の当たり加減によって、色がかわってみえて、
大人っぽいんだけど、かざりにお花がたくさんついてるので、ちょっと
甘い印象のドレスです。

二次会のときに、
「ピンクとかイエローとかばかり見ることが多いので、
新鮮だった」
といわれ。ちょっといい気分でした(笑)

色ドレス、もうちょっと着てたかったなー。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-26 07:20 | 結婚準備

結婚式のお話(5)

さて。いよいよ結婚式です。

みんなが席につくまでの間、私と父、旦那はチャペル後方の小さな
控え室で待機。
ここで、初めて牧師さんにご挨拶しました。

みんなが席につくと、式が始まります。

最初に、牧師さんと旦那が入場。

彼らが所定の位置についたら、顔にかかるベールをアテンドさんに
下げてもらって、今度は私と父が入場です。

父と腕組んで、並んで入場なんですが。
恥ずかしいのと、足元不安なので。
私、ずっと下むいて歩いてたんですが。

(後から思えば、ちゃんと顔を上げていればよかったと反省。。。orz)

ふと気付くと、父が足を止めている。

なんだ、どうしてだ!
と、焦って顔をあげると。
そこは、父から旦那へ私を引き渡す場所で。

リハーサルのとき、前から3列目まできたら止まるようにと
言われていたんですね。
でもって。それをちゃんと父は覚えていて。
(不肖の娘は、自分が歩くのに一杯一杯でした!)

でもって、直前までおぼつかなかった、手袋の持ち替え
(旦那に私を「お手渡し」するとき。父はまず、右にもっていた
手袋を左にもちかえ、組んでいた私の腕をはずし、
旦那に渡してから、また手袋を右にもちかえる。。。だったかな?)
も、完璧にこなす父!

すげー!と、ちょっと感動。

その瞬間、私の脳裏には。
小学生の運動会のとき、親子玉ころがし走で、子供の私を置いてけぼりにして
自分だけ颯爽と玉をころがしながら走り、一等賞をとった父の姿が
よみがえったのでした。

まあ、そんなことはいいのですが。
旦那と腕を組んだら、今度は牧師さんのたつ、祭壇へと向かいます。

ものすごく緊張していて、あまり覚えてないのですが。
「はい、誓います、というとき、声が裏返らないかなー」とか
「ベールアップのとき、旦那の顔みて、プゲラとか、笑わないかなー」とか。
いらぬことばかり、心配していたのは覚えてます。。。orz

しかし、そんな心配はよそに。式は順調に進み。
新郎新婦の退場へ。

私たちは、また最初と同じ控え室に入り、今度は皆が退場するのを
待つわけです。

この後がフラワーシャワーと、参列者のみなさんとの写真撮影で。
本来ならチャペル前でおこなわれるんですが。
ぽつぽつと降り始めた雨のせいで、キャンセルに。

代わりに、ロビー前の階段で、フラワーシャワーと写真撮影と
あいなりました。

でもって。
ここで大きな誤算が。

チャペルからロビーへうつるには、今度は階段を下りるわけですが。
前がみえないので、降りるのが怖い!!

さらに、フラワーシャワーは。
通常なら、新郎新婦がチャペルから階段をおりながら行うのですが。
今回はロビー前階段だったため、


下から上へと階段を上がりながら、フラワーシャワーをあびるはめに!!

ちなみに、このロビー前の階段。
ゆうに2階分はあります。
しかも、旦那と腕を組みながらあがるため。

私、左手でブーケとドレス(&パニエ)をもって、階段をあがるはめに!

ちなみに、私の握力は20もないわけで。。。。

まったくもって、

苦行

としかいえませんでした。

しかも、一番上まで上がったら、今度は写真撮影するから、
下まで下がって来いとか言われるし。。。

本当に、雨がうらめしくてたまらなかったです。。。orz
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-25 22:26 | 結婚準備

結婚式のお話(4)

さて、ここで閑話休題。

結婚式にまつわるジンクスで「something four」という言葉を
聞いたことありますか?

これは。

something new 何か新しいもの(新しい生活の象徴)

something old 何か古いもの(祖先から受け継いだ富の象徴)

something borrow 何か借りたもの(幸せな友達や家族の幸せのおすそ分けをいただく)

something blue 何か青いもの(花嫁の純潔の象徴)

以上の4つのものを身に着けて結婚すると、幸せになれるっていう
古くからの言い伝えなです。

せっかくの結婚式なわけだし、
この言い伝え通りにやってみようと思った私なんですが。
なかなかうまく4つがそろわず。。。

something new …ベタですが、下着とハンカチを新しく購入
something old …母親のパールのネックレスをいただく
something borrow …思いつかない。そもそも友達が結婚してない。。。orz
something blue …結婚指輪の内側に、ブルーダイヤを埋め込みました

なかなか最後の「borrow」がそろわなくて。
どうしようかなーと思っていたら、
パールのイヤリングがないことに気付き。
伯母に借りて「borrow」にしようと思ったところまではよかったのですが。

「パールのイヤリング貸して」

といったら。

「持ってないから、買ってあげる。ピアスがいいでしょ?」

とのこと。。。

買ってくれるんだ、ラッキー!!

ではなく。

買ってくれるのはもちろん嬉しいんだけど。
(伯母は宝飾品大好きなので、下手なものは買ってこないことも知っていたので。
自分で買うよりは、全然いいものをもらえると、ちょっと思った。。。いけない私)
とりあえず、今は「borrow」がほしい。

誰か、私に何か貸してくれ!

と、思いつつも、無常にも日は過ぎていき。。。

結局、誰からも、何も借りれないうちに、当日になってしまったのです。

でもって。
somethig fourは3つしかそろわないし、
雨は降っちゃうし。
最悪だと思っていた私に、当日、奇跡が!!

私の足のサイズは24.5cmで、当然この日レンタルしていた
靴もそのサイズだったんですが。

なんだか最近、足のサイズが24.3cmくらいになっちゃったみたいで。
履いた靴がかぽかぽいってたんですよね。

私は、ちょっと歩きづらいなーとくらいにしか思ってなかったんですが。

歩きづらそうにしていた私に、アテンドの方が。

「歩きづらいでしょう?」

と。

かわいらしいフリフリのついたアームバンドを貸してくれたのです。
(靴から足がうかないように、足の甲の部分に、輪を通すのに使用)

なんたる僥倖!!

なんて。

アテンドさんが、足にフリフリのアームバンドを通してくれている間。
こっそり、神様に感謝していた私なのでした。


というわけで。

晴れて4つのsomethigがそろって、式を迎えることができたのです。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-24 21:37 | 結婚準備

結婚式のお話(3)

準備が終わったら、式の始まり。。。
というわけで。対面式のため、私たちはチャペルまで
行く移動することに。
親族同士の紹介をする対面式のお部屋が、チャペルの下にあるのです。

しかし、ここで気付いたのですが。

あ、歩きにくい!

というか、

歩けない!

裾をもって、下をみれば歩けるのですが。
アテンドさんが

「下を見ないでください」

とか言うし。

んなことできるか!ってんで。

まあ、一生懸命裾を気をつけながら歩きましたよ。


でもって。
対面室までの移動の途中。

披露宴会場の前を通って、入場の練習をしました。
ここで初めて、お部屋のキャプテン(披露宴会場には各一人ずつ
キャプテンと呼ばれるまとめ役の社員さんがいらっしゃいます)

それが終わると、披露宴会場をでてチャペルへの移動となるわけですが。。。。

ものすごく
寒かった!!

この日の関東は、1月とは思えないほど暖かい天気だったそうなんですが。

肩でてる私にはつらいよ。。。

ってなもんで。

ガタガタ震えながら、移動。

しかし。
早くチャペルにつけ~と思っている私に、更なる試練が。

「じゃあ、ここで写真とりまーす」

と、にこやかに言うカメラマン。

ここってどこよ?と思うと。

ロビー前の階段。

(エクセレントコーストのロビー前階段は、CM撮影にも使われるくらい
大理石できてたとても綺麗な場所です)

寒いじゃん、凍死するじゃん!

と、緊張と寒さで顔の強張る私に対し、カメラマンは、またしても

「笑ってください!」

と、指令を。。。。

なきそうになりながら、なんとか、撮影をこなすと、
ご褒美なのか、ふわふわの白色のファーでできたショールを
かけてもらいました。

この後すぐ対面式かなーと思ったのですが。
その前に、チャペルの1F(チャペルは2F)にある撮影室で、旦那と二人だけの
写真を撮りました。

ここまでおわって、やっと対面式。

対面室のドアを開けられると、そこにはもうすでに親族たちがスタンバイしていて。
私たちが入っていくと、「おめでとー」と、口々に言ってくれるわけです。

あまり普段「おめでとう」とかいってもらう機会って少ないので、
ちょっと感動。

しかし、歩けない私は。

ドアが開いたときは感動したものの
すぐに現実に引き戻されるはめに。

裾もって、下みて、気をつけて歩いてると、

いつの間にかブーケをもった手が、バランスをとろうとし、ひじが
あがってしまい。。。。

「ブーケはひじより上にあげないように。
下をみないように」

と、またしてもアテンドさんに注意されてしまうし。

だって。
下みないと危ないんだよ。


でもって。
対面式も終わると、今度は皆で写真撮影。
うちの親族は、亡くなっている方とかもいて、従兄姉がきてたりしたんだけど。
久しぶりに会う人とかいて、すごく来てくれて嬉しかったし、楽しかったなー。

写真撮影も終わると、いよいよ結婚式です。

チャペルは2Fなんですが。
なんとそこまでは 歩 い て 移動。

ちなみに、この日は11cmのヒールを履いていた私は。

階段でなおさら足元が見えない恐怖におびえつつ。

ここで階段から落ちて死ぬかもしれない。。。。

と。

必死に昇ったのでした。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-23 07:18 | 結婚準備

結婚式のお話(2)

当日の準備ですが、新婦は2時間ほどかかりました。
その間、控え室には、お花やさんとか、音楽担当の方とか
カメラマンとか、アテンドの方とかが納品やご挨拶にいらっしゃいます。
(そして、茨城からバスで移動してきた私の親や親戚たちも
無事ついたと、この間に連絡きました。
メイク中は動けないので、手元に携帯をおいておくと
大変便利ですよ)

けど、きていただけるのは結構なんですが、いかんせん、
私はヘアメイク中なわけです。
なので、対応は全部旦那にしていただきました。
ありがとう、旦那!

ブーケは、「こんなかんじで・・・」と、用意されていたカタログで
一番イメージが近いものに、「バラ多めで!」という自分の希望を添えただけだったので
どんなのが出来上がるんだろうと、期待半分不安半分に思っていたんですが。
納品されたブーケは、とってもかわいらしいものでした!
よかった!

白ドレス用がこれで
e0015006_7244623.jpg


色ドレス用がこれです。
e0015006_7252034.jpg


これに、おそろいのブートニアがそれぞれつきます。
ブートニア、残念ながら写真に撮り忘れたんですが、
すっごくかわいかったです!

どちらかというと、ブーケもブートニアも、白より色ドレス用のほうが好き。
白のほうは、バラがもっと多かったらよかったのになー。。。

と、ちょっと不満も呟きつつ。

顔ができあがると、今度は着替えです。

3ヶ月前に試着していらい、さっぱりきてなかったドレス。
果たして 入 る のかと、大変不安だったのですが!

すんなり着ることに成功!

直前1週間のダイエットの効果がありました!

(式直前の1週間、お昼はスープストックやサラダにし、
夕飯はダイエットクッキーにして、駆け込みダイエットをしていた
私です。。。)

私が着替えるころには、旦那もすっかり着替え終わっており。。。

着替えがおわると、今度は式のリハーサル。

アテンドさんがお父さんを連れてきてくれました。

式のときは、礼服にするかモーニングにするか、悩んだ双方の父親ですが。
結局、モーニングを借りることになり。
つれてこられた私の父も、もちろん、モーニング。
モーニングなんてきているの、初めてみちゃいましたよ!

でもって、リハーサル。
リハはチャペルでするのかしらと思っていたら、控え室でやるとのこと。
お父さんと腕くんで歩く練習とか、旦那と腕くんで歩く練習とか、
特に入場のシーンについて、練習しました。

これが終わると、一旦お父さんには退室いただいて、
今度は写真撮影が始まります。

カメラマンさんは、私が準備している間も、小物とかドレスとか
撮影されていたんですが。
当人たちが着替え終わったということで、式前の二人を
写真に撮ろうというわけです。

(とった写真は、後ほどアルバムにしていただくのですが、
納品が1ヶ月半後・・・出来上がりが楽しみです!)

写真は欲しいけど、実は撮られるのは、大の苦手の私。

「笑ってください!」

とか、無理難題を言われ続けるんですが。
苦手なカメラを前に笑えるわけがないですよ!!

しかも、撮影する写真はあらかじめ構図がきまっているらしく。
筋がつりそうな、結構無理めなポーズを要求されるわけです。

体は痛いし、笑えないしで、大変でした。
しかし、なんとか乗り切る(カメラマンをあきらめさせる)ことに成功。

ここまででおわって、大体10時半くらいだったかな?

控え室でやること全部おわったら、とうとう、結婚式の始まりです。

まずは家族・親戚の顔合わせから、始まります。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-19 19:05 | 結婚準備

結婚式のお話(1)

とうとう、というか。
やっと、というか。

準備に時間をかけたのに、あっというまに終わってしまった結婚式。
せっかくなので、当日のことを振り返りつつ、
反省点などまとめていこうと思います。


結婚式・・・その前日からばたばたしていたのですが。
1月の関東といえば、冬晴れ!というイメージしかなく。
雪でどんよりした天候が毎日続く新潟の方々に、
関東のすっきり晴れた青空を見て欲しいなーと
思っていたのですが、天気予報はあいにくの雨、雨、雨。

それだけならいいんですが。
式場は披露宴会場とチャペルが別の棟になっており、
式場→チャペル間の移動は一部外を通るのと、
雨がふるとチャペル前での写真撮影などができなくなって
しまうため、雨はかんべんしてほしいよなーと、日が近づくにつれ、
ブルーになって、やさぐれいていた私でした。

が、当日はすっきり晴れてくれて。。。なんてこともなく。
朝からどんよりでした。
道路を見ると、うっすら雨が降ったあとがあったり。。。

雨がふらなければいいなーと思いつつ。
土曜日だというのに、出勤するより早く家をでた私たちは、
8時すぎには会場入りしました。

会場へは、ノーメイクで髪も洗いざらしで来てくださいといわれていたし、
なんだかんだで荷物も多かったため、タクシーで行きました。

結婚式は、横浜 中華街のはずれにある「エクセレントコースト」で行ったのですが。
ここの売りの一つが、一日中貸切の控え室。
披露宴会場も1フロアに1ホールで、エレベーターでの移動も、他のカップルと
一緒にならないように気を使ってくれるため、かなり貸切感が楽しめます。

というわけで。
当日貸切な控え室(これも、3種類の部屋のパターンから好きなのを選べる)に
行くと、すでにヘアメイクさんが準備して待っていてくれました。

用意していた差し入れのお菓子を渡し、早速私は準備開始。
まずヘアメイクからなんですが、その前にガウンに着替えます。

でもって、私は極度の乾燥肌で、会場が用意していた化粧品だと、
ものの数時間で深い乾燥シワができてしまうため、基礎化粧からファンデまで
すべて持ち込みをして、それを使用していただきました。
結構そういう方もいらっしゃるみたいで、メイクさんも快くそれを使ってくれて
よかったなーというかんじ。

私がヘアメイクにとりかかっている間は、だんなは何もすることがないので、
(最近は新郎新婦の控え室が別というのが絶対なわけではないので、
ここの式場は一緒の控え室を使うことができます)
近くのホテルに泊まっていた旦那のご両親のところにいったり、
私が前日書き上げた両親への手紙の清書を行っていたりしました。

でもって。
私はおとなしくメイクをしてもらっていたのですが、おなかがすいて
たまらなかったので、
メイクをしてもらいつつ。サンドイッチを食べてました。

思えば、ここで食べなかったら、夜まで食べられなかったんだから
本当に食べておいてよかたっと思います。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-18 07:17 | 結婚準備

終了!

1/14 やっとやっと結婚式が終わりました!
きてくださった皆さん、ありがとうございました!

当日は、心配していた通り、雨。
朝方止んだのですが、式が終わるころにはぽつぽつと。。。

というか、披露宴が終わる頃には、豪雨に。。。
本当に、ご来賓のみなさんには、申し訳なかったです!

というわけで。
式当日のことは、ちょっとずつ書くことにしようと思います。

やってる最中はあっという間でした!
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-15 07:31 | 結婚準備

手紙

親への手紙を買こうとするものの。
さっぱりかけない。

頭の中にはあるのですが。
いざ書こうとすると、思い出が先走って
なかなか文字にできないものですな。

うーん、困った。
[PR]
by mocchi_mochi | 2006-01-13 21:33 | 結婚準備